医療法人財団 健愛クリニック
クリニックの紹介
交通のご案内
診療表はこちら
診療科からのお知らせ
健康診断のご案内
法人の理念
健康友の会
医療・福祉の連携
個人情報の取り扱いについて
法人の事業資金募集について
リンク
健愛会医療のネットワーク
お問い合わせ
足立区医師会
足立区の救急医療機関と休日診療のご案内はこちらから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

TOPICS
健愛クリニック > TOPICS目次ページへ

当院でHPV(子宮頸がん予防)ワクチンを接種された方へお知らせします

HPVワクチンによる健康被害については、発生する頻度は高くはありませんが、次のような症状がある方は、お問い合わせご相談下さい。

主な症状としては、注射部位の痛み、頭痛、関節痛、倦怠感・疲労感、めまい、けいれん、じんましん、生理不順、不眠、記憶障害、動悸、むくみなどがあります。接種後数カ月してから発現する場合もあります。他の医薬品の副作用と大きく異なり、接種後、相当の時間を経て知覚障害・疼痛・運動障害・認知・精神障害などが多彩に変化しつつ生じる場合があります。
尚、HPVワクチン接種後に生じた症状の診療に係る協力医療機関は、全国に70ヶ所の指定医療機関があります。
(下記の子宮頸がんワクチン協力医療機関一覧をクリック)

HPVワクチンによる健康被害の救済制度の活用について
医薬品の副作用により、入院するか、または入院治療が必要な程度の健康障害や、日常生活が著しく制限される程度の障害が生じた方を救済するため、「医薬品副作用被害救済制度」があります。独立行政医薬品医療機器総合機構(PMDA)に申請し、副作用と認められると治療にかかった医療費や医療手当の支給が受けられます。ただし、支給対象となるのは、請求した日から5年以内です。
また、PMDAに医療費等の支給対象と認められなかった場合でも、「子宮頸がん等ワクチン接種緊急促進事業」で医療費相当の手当てが支給される制度もあります。

尚、独立行政医薬品医療機器総合機構(PMDA)の連絡先は下記の通りです。
フリーダイヤル 0120-149-931

HPVワクチンに関する問い合わせ、ご相談先
健愛クリニック tel 03-5813-1805  担当:事務長 大谷直美、師長 穂積奈加枝
子宮頸がんワクチン協力医療機関一覧
▲ページのTOPに戻る


トップページ事業所紹介健診のご案内健康友の会

法人の事業資金募集についてリンクお問合せ個人情報の取り扱いについて

本サイトの記事、写真等の無断転載を禁じます。Copyright (C) 2008 健愛会 All Rights Reserved.